働きたくないけどお金は欲し人は、これから始めよう!

資産運用のお悩み解決

働きたくないけどお金が欲しい人は、まずこれを読んでくだ。

世界にはいろいろな種類の仕事がありますが、日本でも海外でも資本主義社会の中身は4つに分けることが出来ます。

  • 資本家
  • 投資家
  • 経営者
  • 労働者

「労働者」は自分が働いた時間の対価としてお金をもらいます。そして「経営者」はその労働者をマネージメントすることでお金をもらいます。

どちらにしても自分の時間を使って仕事をしなくてはいけないので、働かないでお金がもらえる訳ではありません。

どこかで「経営者」になれば、楽にお金がもらえるようになると思っている方もいるかと思いますが、それは大きな勘違いです。

私もその一人でしたが、実際にやってみると大変なことは多くあります。

例えば人を雇うにしても、また人を辞めさせるにしても、会社を立ち上げるのも、たたむのも、如何にスタッフが仕事を効率的に出来るか考えたり、行動したり、特に大きなストレスになるのは、今後の経営判断をする時です。

でも誰かが決定をしないと仕事は進みません。そこにはお金もかかります。その代わりにスタッフより良いサラリーはもらえますが、ストレスは半端ないです。

スポンサーリンク

働きたくないからお金に働いてもらう

この資本主義社会の中で、働かずにお金を得ている人たちは「資本家」「投資家」です。

働かずにお金を得ている人たちである「資本家」「投資家」は、どのようにしてお金を稼いでいるのか?

まず「資本家」は、自分が元々持っているお金を企業や経営者に貸し付けて、その金利でお金をもらう事が出来ます。

要するにお金を働かせることでお金を稼いでいるのです。

また「投資家」は、リスクも考えながら株や不動産などに投資し、そこから得られる利益でお金をもらう事が出来ます。

こちらもお金を働かせることで、お金を得る事が出来ます。

それにこの2つの属性には、時間的な余裕が生まれるので、労働者や経営者のように9時には会社に行って、18時に帰るような生活はありません。

時間縛られない生活を送ることが可能になります。

もし働きたくないけどお金は欲しいのであれば「資本家」か「投資家」になるしかないのですが、こんな事を言っている時点でまず「資本家」ではないので、「投資家」の道しかありません。

投資先にもいろいろとあります。株式や不動産、仮想通貨を投資と言って良いかまだ見えませんが、それぞれが持てるリスクの中で様々投資を選択することが出来ます。

もし「楽して儲ける」というのが目標であれば、まずその為のお金が必要であり、投資するためのお金を生み出す手段も持たなくてはいけません。

スポンサーリンク

お金を働かせる環境とは?

お金を働かせる環境・場所とは投資先です。

そして投資先としては株式や不動産などありますが、これには更に国内か海外などの選択肢も選ぶ事は出来ます。

そしてお金を働かせる環境は人間と同じです。

人間の場合、例えばブラック企業と呼ばれるような企業で働いていたら、幾ら残業しても残業代はでません。逆に労働環境が良く長く続けて働けるような職場で仕事をすれば、それだけ仕事もはかどり収入もちゃんと得る事が出来ます。

お金もより良い環境で働かせないと意味がありません。

ではどこで働かせるのが良いのか?例えば銀行は?これは全くもってないですね、いくら定期を作っても微々たる利息しか返ってきません。

では株式は?これも初心者にはいきなりは難しいですね。

投資信託は?これは自分が投資先を選ぶのではなく、運用責任者が預かったお金を運用するものなので初心者でも始めやすい投資です。

私は今海外に住んでいるので、国内の株式に投資は出来ませんが、「iDeCo」の契約がする事が出来たので、iDeCoを使って国内と国外に分けた投資信託をしています。

イデコ(iDeCo)長期運用で開始
年明けから日本・アメリカ株価の大暴落、イデコ(iDeCo)を始めたばかりの私にはいきなり来た試練かもしれません。しかしこのタイミングは私たちにとっては非常に大きなチャンスだと思います。過去にリーマンショックなど大きな暴落をじっと長期で我慢して耐えた方々には今は大きな恩恵があった事を知っているからです。

次に不動産投資は?これは物件を見る目を養わないと、いきなり初心者が始めると失敗するケースをよく聞きます。

もし始めるのであれば、不動産投資に関して信頼できる人のアドバイスをもらいながら出ないと、逆に自分がもっと働かなくてはいけなくなる場合もあります。

不動産投資の初心者の為に比較・情報サイトまとめ
不動産投資初心者は何から始めて良いか分かりません。そんな時はまず物件情報の比較などができる情報サイト等から、自分のお気に入りの物件を探しましょう。物件が見つかってもやる事はたくさんあります。まず周辺情報の重要の予測や、また実際に自分の足で行って情報を集める事も重要です。不動産投資は特に初心者には情報が非常に重要です。
スポンサーリンク

お金を働かせる投資先は海外にも

投資先は国内だけでなく、海外でも可能です。

もちろん国内の金融機関から海外の株や投資信託などを購入することは可能ですが、その場合は手数料が高く取られることは覚悟した方がいいです。

またそれより良いものが海外に出れば多くあります。

私は昨年、香港HSBCで銀行口座を開設し、生命保険で運用する商品を契約しました。いわゆるオフショア保険と呼ばれるものです。

香港オフショア保険の資産運用セミナー!オフショア保険のメリット・デメリット
香港のオフショア生命保険は、この資産運用セミナーを聞いて挑戦したいと思いました。海外在住では日本国内での運用に制限があります。日本の口座にお金があっても超低金利の状態では意味がありません。ココではオフショア保険のメリットとデメリットも紹介します。

働きたくないけどお金は欲しい人は、まずは投資家を目指しましょう。

そしてその目的を達成す為に、今の仕事で資金を準備しましょう。逆にそれくらい割り切って仕事をした方が、仕事にも良い効果が出るかもしれません。

そして稼いだお金を働かせる環境も考えて、資産運用を行って下さい。

私は国内でも海外でも資産運用を行っています。

それも全て長期で複利運用するものばかりです。どちらかというと堅実なあまりリスクを取らないような投資が多いです。

投資家をめざすあなたも自分が許せる範囲のリスクを考えてから運用を始めてみてください。

働きたくないけどお金は欲しい

働きたくないけどお金は欲しい

遠藤 洋
1,620円(12/17 09:59時点)
発売日: 2018/05/30
Amazonの情報を掲載しています
あなたにおすすめ記事

40代のサラリーマン経営者です。現在は海外の子会社で勤務しております。自分の体験も含め国内、海外での資産運用の情報をこちらのブログからお伝えしたいと思います。

MYOをフォローする
資産運用のお悩み解決
スポンサーリンク
資産運用で家族を幸せにできるか