変額保険はこんな人におすすめ!保険の特徴とメリット・デメリット

生命保険で資産運用

資産運用をするにあたり、効率よくお金を殖やしたいとお考えの方におすすめの方法として、生命保険があります。

意外かもしれませんが、生命保険にはお金を殖やす機能もあるのです。

中でも「変額保険」は、資産運用の効果が非常に高く、お金を殖やしたい方におすすめなのです。

では、変額保険にはどんな特徴があるのでしょうか。

まずはこちらに変額保険(終身タイプ)のイメージ図を用意しました。

 

こちらについて詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

変額保険とは?その特徴は

変額保険とはその言葉の通り、保険金や解約返戻金(解約したときに契約者にバックされるお金)、満期保険金の金額が変動する保険のことを言います。

保険金の支払いについて、終身型と有期型に分かれ、またそれぞれ保険料の支払いについても、毎月支払うタイプと一時払いのタイプがあります。

また、通常の年金保険の資産形成効果を強めた、変額年金保険というものもあります。

変額保険の特徴

・保険料以外の金額が変動する
変額保険の最大の特徴は、「運用方針を契約者自身が決定し」「運用成果によって解約返戻金等の金額が決定される」ということです。

つまり、高い返戻率を狙って攻撃的に運用することも、その逆も契約者自身で決められます

保険会社は、保険料の一部を何らかの投資先に預けて運用し、少しずつお金を殖やしています。

このお金は将来の保険金や解約返戻金の原資になるのですが、変額保険の場合は投資先が株式や債券、投資信託といったハイリスク・ハイリターンの運用を行います。

これが資産形成効果を高めているのです。

・定額保険との違い
一般的にイメージされる保険は「定額保険」と言われ、死亡保険金も解約返戻金も、契約時点で確定します。

外貨建て保険も定額保険の一種で、日本円に換算するときに為替の影響を受けますが、外貨ベースでは契約時点ですべての金額が確定します。

定額保険の保険料の投資先はローリスク・ローリターンの国債が中心で、安定と引換に資産運用効果は小さくなります。

こちらの表に変額保険、定期保険(円建て、外貨建て)の比較をまとめました。

スポンサーリンク

変額保険のメリット

・返戻率が高い
変額保険では、ハイリスク・ハイリターンの運用を行うため、返戻率が高いのが最大のメリットです。

例えば30歳の人が65歳まで保険料を支払ったとすると、円建て終身保険(定額)だと解約返戻金の返戻率は概ね118~125%くらいです。

つまり、35年かけて500万円の保険料を支払っても、625万円程度にしかなりません。

外貨建ての場合は、プランと景気・為替相場によっては返戻率150~200%くらいを狙えます。

変額保険の場合、契約時点で返戻率300%を目指すことも可能(300%を保証するものではありません)ですので、保険の中で最も資産形成効果が高いのがメリットです。

・保険金の最低保障がある
変額保険も保険ですから、契約者が死亡したときに死亡保険金を保険金受取人に支払います。

保険金だけは運用成績に関係なく最低保証があるので、契約者に万が一のことがあっても遺族は安心です。

そして、変額保険の死亡保険金は運用実績が良ければ、最低保証額プラス運用実績分を上乗せして受け取れます(解約返戻金には最低保証はありません)。

スポンサーリンク

変額保険のデメリット

・運用成績によっては元本割れリスクが!
変額保険は投資性の強い保険商品ですから、運用成績によっては元本割れを起こすこともあります。

これは外貨建て保険にもありますが、適切な回避方法を講じることで、ある程度解決されます。

・運用方針を決めるストレス
定額保険が、運用方針を保険会社が決めるのに対し、変額保険は自分で運用方針を決めます。

投資経験の少ない方にとっては、それ自体が大きなストレスになる可能性があります。

加入を検討する際には、自信を持てるまで、複数のプロの意見を聞くようにしましょう。

デメリットをどのように回避するか?

・運用方針は年代ごとにメンテナンスする
変額保険の多くは、運用方針を決める際に運用先を分散させられます。

投資経験の浅い方は国内外の株式を中心に高利回りのポートフォリオ、50歳過ぎから債券中心の安定的なポートフォリオを組むなど、ご自身の年齢に応じてメンテすることで、リスクをある程度抑えられます。

・手広く長期的な運用
変額保険の中には、10年満期などの短い運用期間を設定するものがありますが、加入される方の多くは、20~30年くらいの運用期間を用意します。

運用ラインナップの中から、外国株を含めた株式で手広く運用することで分散投資がなされ、さらに保険料を毎月支払うようにすれば、時間的な分散も可能です(ドルコスト平均法)。

スポンサーリンク

変額保険はどんな人に向いている?

変額保険の特徴を踏まえると、向いているのは「リスク耐性があり、保障が必要な人」と
いうことになります。

運用リスクが契約者自身に帰属しますから、それをストレスに思うなら定額保険がおすすめです。

また、変額保険も保険ですから、保障が十分に備わっていない人におすすめです。

逆に、これ以上保障が必要ない人は投資信託などを検討した方が、純粋に資産形成の観点からは効率がよいでしょう。

スポンサーリンク

変額保険についてまとめ

ここまで、変額保険の特徴とメリット・デメリットをお伝えしてきましたが、一言でハイリスク・ハイリターンと言っても、それには幅があります。

自分が負えるリスクの総量を知ることが、成功の秘訣なのかもしれません。

しかし、それは決して簡単なことではありませんから、身近なFPさんや保険ショップで相談してみるのもいいかもしれませんね。

保険の事を無料で相談をするなら、こちらの3社がおすすめ!
たくさんある保険を一人で選ぶの?【保険見直しラボ】
保険相談navi
保険ゲート
あなたにおすすめ記事

40代のサラリーマン経営者です。現在は海外の子会社で勤務しております。自分の体験も含め国内、海外での資産運用の情報をこちらのブログからお伝えしたいと思います。

MYOをフォローする
生命保険で資産運用
スポンサーリンク
資産運用で家族を幸せにできるか