【海外への送金】トランスファーワイズ(TransferWise)とは?メリット・デメリット

資産運用のお悩み解決

海外にお金を送金するのは結構手間で思っているより手数料がかかりますよね。

私も香港で資産運用をしているのですが、日本の銀行からお金を送金する方法について、銀行、郵貯やネットバンキングなどから色々な方法を試しました。

一番簡単で手軽にできる送金方法を見つけたので、ここで紹介したいと思います。

海外送金にかかる手数料を出来るだけ下げたいという方には「トランスファーワイズ(TransferWise)」がおすすめです。

スポンサーリンク

トランスファーワイズの仕組みとは?

トランスファーワイズがどのように海外送金をしているのか仕組みは非常に簡単です。

実は海外に現金を送金していません。ではその方法とは?

例えば日本とアメリカでそれぞれで2国間でお金を送金したい人がいるとします。

トランスファーワイズではこの二人をマッチングさせる事で、結果として国内送金を行っています

具体的には(※為替US1ドル=100円とします。)

Aさんは、日本からアメリカにUS1,000ドル送金したい

Bさんは、アメリカから日本に100,000円送金したい

この二人をマッチングさせることで、Aさんのお金はBさんが指定する日本の銀行口座に振り込まれ、Bさんのお金はAさんが指定するアメリカの銀行口座に振り込まれます。

トランスファーワイズは海外送金手数料を安くしているのではなく、一度トランスファーワイズを経由することで、それぞれの国内でお金を動かしている事になります。

その結果手数料が一般的な海外送金よりも安くなっています。

こちらが送金可能な国の一覧になります。(2018年9月13日現在)

主要な国はほどんと可能ですね。

一部の国では現地から日本への送金の制限がある場合もあるので、確認してください。

おそらくこれから国ももっと増えていく事になると思います。

トランスファーワイズのメリットとデメリット

メリット

  • 送金手数料が安い
  • 為替の隠れコストなし

デメリット

  • 現地に口座が無いと送金できない

まずメリットの送金手数料が安い事は先ほど説明しましたが、「為替の隠れコストなし」とはどういった意味でしょうか?

海外送金時、銀行は隠れた手数料を加算します。そして、その事に多くの人々は気づいていません。隠された手数料は色々な所に潜んでいます

本当の為替レートは「ミッドマーケットレート」と呼ばれています。これは公式かつ最も公平なレートとして、ロイター等でご確認いただけます。

銀行の為替レートはこの限りではありません。銀行は独自の為替レートを用いています。

もしあなたが銀行から海外送金を行うと、送金人が送った額より少ない金額を受取人へ送金します。つまり、実質損をしているのです。

損をしたお金はどこにあるでしょうか?答えはもちろん、銀行です。これが、隠れた手数料の在り処です。

そして、更にもう一つ。

為替レートに隠された手数料とは別に、「サービス利用料」として手数料を徴収します。

引用:トランスファーワイズ(TransferWise) 公式ホームページより

純粋に為替レートに既に手数料が隠れており、その上で手数料も徴収しているので、一度の送金にかかる手数料が高くなっています。

例えばみずほ銀行のホームページでは外国為替公示相場を発表していますが、ココには「TTS」「TTB」「MIDOLE」と3つの価格があります。

  • 「TTS」は銀行が外貨を売る時のレート
  • 「TTB」は銀行が外貨を買う時のレート
  • 「MIDOLE」はその間の値段です。(※これが実際にレートに近いもの)

あなたが海外にお金を送金する時は、みずほ銀行が外貨を売る事になるので「TTS」が使われます。これは実際のレートより少し高くなります。

トランスファーワイズはその点についても非常にクリアで、あなたがyahooなどで確認できる為替レートがそのまま使われます。

次にデメリットとなる、口座が無いと送金できないのは、仕組み上どうしようもないかと思います。

ただトランスファーワイズには「ボーダレス口座」と言う仕組みもあります。これは簡単に言えばネット銀行のようなものになります。

ただ「ボーダレス口座」は日本はまだ使えないようなので、詳しくは分かりませんがホームページにはこのように書かれています。

  • 当座貸越、及びローンなどの融資は受けられません
  • 利子は発生しません
  • 口座情報は一意ではあるものの、実際の銀行口座情報を指すものではなく、お客様の電子通貨の「所在」を表すものになります。これにより、一般の銀行口座のように資金を受け取ったり、支払いに利用することが出来ます。
  • お客様の資金は保護されていますが、一般の銀行のように金融サービス保証機構(Financial Services Compensation Scheme、略称FSCS)による保証はございません

引用:トランスファーワイズ(TransferWise) 公式ホームページより

この機能が将来的に各国の電子マネーのように使えるようになると、口座の必要はなくなるかもしれませんね。

スポンサーリンク

実際のトランスファーワイズの手数料は?

例えば50万円をアメリカに送金する場合で手数料を見てみましょう。

※2018年9月13日12時現在

このように「トランスファーワイズ」で簡単に手数料を確認することが出来ます。

内訳として、送金時の両替額の0.55%と100円の手数料となっています。

今回であれば

500,000円×0.55%=2,750円

2,750円+100円=2,850円

うん?計算した手数料よりもちょっと安いですね。

Q&Aのどこを見てもこの微妙な差の原因がハッキリしませんが、おそらく為替レート(小数点以下の端数)の問題だと思います。

スポンサーリンク

トランスファーワイズの使用用途としては

  • 海外で資産運用する為の口座へ送金
  • 留学などで長期に海外に滞在しているご家族への送金
  • 海外駐在員が日本の家族への送金

こうした様々な場面での用途があります。海外送金するなら「トランスファーワイズ」がおすすめです。

こちらの公式ホームページ「トランスファーワイズ(TransferWise)」から始めて下さい。