iDeCo

スポンサーリンク
iDeCoで資産運用

イデコ(iDeCo)での資産運用、12月の運用実績!

イデコ(iDeCo)での資産運用、12か月目の運用実績を公開!2018年最後の月の出来事や、レオスキャピタルワークスの上場延期など、またiDeCoの割合も変更しました。
iDeCoで資産運用

イデコ(iDeCo)運用、11カ月目の経過(ファーウェイショック)

iDeCoの2018年11月の運用結果を公開します。最近チラホラとひふみ年金から降りることを宣言している記事などを見るようになりました。書かれている内容は至極まっとうな内容が多いので考え中です。
iDeCoで資産運用

イデコ(iDeCo)運用、10カ月目の経過

思っていたよりも落ちていなかったので、良かったですが、まぁマイナスですけどね。これからに期待したいと今年は言い続けていますが、この言葉がいつまで言い続けられるのか、「世界同時株安」一年に何回あるんですかね?
iDeCoで資産運用

イデコ(iDeCo)運用、9月の経過

iDeCoの9月の運用結果を報告したいと思います。9月は経済的に見ても安倍さんの3選、トランプ政権は11月の中間選挙目前と、政治的な要素が多かったように思います。そんな中ついに「ひふう年金」が帰ってきました。これからが楽しみです。
iDeCoで資産運用

iDeCoでDCニッセイ外国株式インデックスを購入、評判と利回り、実質コストは?

iDeCoで投資できる海外株式のインデックスファンドでも「DCニッセイ外国株式インデックス」は信託手数料が安く、購入時の手数料もゼロ円で、非常に人気の高い投資信託(ファンド)です。またMSCIコクサイ・インデックスを指標としています。
2019.01.07
iDeCoで資産運用

イデコ(iDeCo)運用、8月の経過

iDeCoを初めて8ヶ月となりました。気が付けば今年もアッという間に半年が過ぎていました。そこでiDeCoで運用している「ひふみ年金」の上半期の動きをまとめた記事を書いたのでご覧ください。iDeCoはニッセイ外国株インデックスの方が良いです。
老後の為の資産運用

老後の年金にいくら税金がかかるのか?確定申告は?控除は受けられる?知って得するまとめ

老後の年金にいくら税金がかかるのかご存知でしょうか?このブログでは確定申告、控除についてまとめたいと思います。また年金には確定申告不要制度というものがあり、条件さえクリアすれば基本的には確定申告をする必要はありません。その点も詳しく書きます。
2019.01.07
iDeCoで資産運用

iDeCoでの資産運用【ひふみ年金】の上半期をまとめて振り返りかえる!

ネット上で「ひふみ年金(投信、プラス)」に関しては少しざわついています。私もiDeCoで「ひふみ年金」に投資しているので、最近の動向は気になっていました。iDeCoでの資産運用【ひふみ年金】の上半期を時系列でみて行きたいと思います。
2018.12.28
資産運用

資産運用「してる人」「してない人」の20年後を投資信託で比較!

何となく資産運用でもしてみようかなと考えてはみるけど、何から始めて良いか分からないから、そのまま時間だけが流れてしまっているあなた。資産運用を「している人」と「していない人」の20年後を色々な角度から比較してみました。あなたはどちらを選びますか?
2019.01.04
iDeCoで資産運用

年金はiDeCoで増やす!iDeCoのメリット・デメリット

年金は金額こそ減る事はないかもしれないが、価値としてはインフレによって確実に低下していく。老後になってお金に困らない為にも「iDeCo」を活用して、あなたの老後資金を守りましょう。iDeCoはあなたの資産形成に大きな役割を担います。
2019.01.07
スポンサーリンク