香港

スポンサーリンク
香港での資産運用

香港オフショアでの「HSBC銀行口座の開設」から「オフショア保険へ投資」まで全部まとめ

海外での投資を考えたことはありませんか?でもいろんな理由で一歩足を踏み出せない方はたくさんいます。このブログでは特に香港オフショア地域でのHSBC銀行口座の開設から、オフショア生命保険の契約までをまとめて書きたいと思います。オフショアの魅力をお伝えします。
香港での資産運用

香港旅行の観光ついでに銀行口座開設

この夏休みのお薦めの旅行先は香港です。香港旅行の観光のついでにHSBCで口座開設をしてみるのはいかがでしょうか?もし言葉が出来なくても日本語で開設できる銀行もあります。香港旅行するのに交通費や宿泊費を払って観光だけでは勿体ないです。後で気づいた時にまた同じお金を払うなら、観光ついでに口座開設をしましょう。
香港での資産運用

香港HSBCの口座開設はまだできる?

私が香港HSBCで口座を開設したのは昨年の事だが、そのずいぶん昔から口座開設が厳しくなったと言われ続けている。英語も中国語も大してできない私でも香港HSBCの口座開設ができたのは、そこには口座開設をサポートしてくれる会社の力が大きかったのではと思う。今後はHSBCの口座をいかに活用していくかを考えたいと思います。
海外駐在員の資産運用

海外在住、駐在員が資産運用する際に気をつける事をまとめました。

駐在員として海外在住し生活に慣れてくれば、現地のお給料で生活できるようになります。日本の銀行にあるお金はほとんど使いません。もし使い道がないなら資産運用で、お金を働かせましょう。そこで海外で資産運用する際に気を付ける事をここにまとめたいと思います。
香港での資産運用

香港ドルの切り上げはあるのか

香港ドルの切り上げは実現するのかはまだ分かりませんが、現状の中国との経済的なつながりなどを見ていくと将来的には香港ドルの切り上げや人民元との統一通貨、または人民元とのペッグ制など様々なオプションが見えてきます。香港ドルに切り上げによって恩恵を受けるには香港ドル建てで貯蓄もしくは運用していくことが切り上げ時に効果を発揮するかもしれません。
香港での資産運用

香港のニッポンウェルス銀行(NWB)で開設準備!資料請求した結果

香港で銀行口座を開設したいと思っていても、言葉の問題で断念することが多いと思います。私も香港での口座開設にはフォローなしでは難しかったです。でもニッポンウェルス銀行(NWB)であれば大丈夫。日本語で対応してくれます。資料請求した結果を報告します。
香港での資産運用

香港への海外送金の方法!海外駐在員はこれを押さえておこう!

私は仕事の関係で、主に海外で生活をしています。海外駐在員になると問題になるのが海外にいる時です。急な出費に対応するために、また香港など海外での運用の為に海外の口座に日本の口座から海外送金する必要があり、最初の頃はどのような方法がよいのかわかりませんでした。
香港での資産運用

香港の日系銀行ニッポンウェルス銀行(NWB)で口座開設は簡単にできるのか?

HSBC香港での口座開設の話しをブログに書きましたが、ネットで調べていたら日系銀行も香港に進出し口座開設が出来る事が分かりました。その銀行は「ニッポンウェルス」です。NWB香港は海外投資の壁である言葉の問題がありません。まずはNWB香港がどういった銀行か書きたいと思います。そしてNWB香港で投資できる商品は?
香港での資産運用

オフショア生命保険での資産運用シュミレーション公開!

私は海外でのオフショア生命保険での資産運用を選択しました。オフショア地域である香港では運用益に対して税金はかかりません。数あるオフショア生命保険の中でプルデンシャル生命保険とサンライフ生命保険の学資保険の2つシュミレーションを紹介します。
香港での資産運用

香港オフショア保険の資産運用セミナー!オフショア保険のメリット・デメリット

香港のオフショア生命保険は、この資産運用セミナーを聞いて挑戦したいと思いました。海外在住では日本国内での運用に制限があります。日本の口座にお金があっても超低金利の状態では意味がありません。ココではオフショア保険のメリットとデメリットも紹介します。
スポンサーリンク