年金

スポンサーリンク
老後の為の資産運用

老後の年金にいくら税金がかかるのか?確定申告は?控除は受けられる?知って得するまとめ

老後の年金にいくら税金がかかるのかご存知でしょうか?このブログでは確定申告、控除についてまとめたいと思います。また年金には確定申告不要制度というものがあり、条件さえクリアすれば基本的には確定申告をする必要はありません。その点も詳しく書きます。
老後の為の資産運用

あなたの年金金額は減ることが確定?

あなたの年金は金額こそ変わらないかもしれないが、価値が下がる事が確定なのはご存知ですか?年金はあなたの老後の資金の為の重要の柱です。ですがその柱が少しずつやせ細っていくシナリオが進行しています。ではそのシナリオはどんなものなのか見ていきましょう。
iDeCoで資産運用

年金はiDeCoで増やす!iDeCoのメリット・デメリット

年金は金額こそ減る事はないかもしれないが、価値としてはインフレによって確実に低下していく。老後になってお金に困らない為にも「iDeCo」を活用して、あなたの老後資金を守りましょう。iDeCoはあなたの資産形成に大きな役割を担います。
香港での資産運用

年金代わりに老後資金1億円をオフショア保険で作れるか?

年金代わりに老後資金として1億円をオフショア保険で用意するには時間が必要です。20代であれば65歳までの40年余りで年金代わりの老後資金、1億円は用意できる可能性は十分にあります。年金は老後の為に資金なので、投機ではなく、着実に行う投資でなくてはいけません。オフショア保険で楽しい老後を送りましょう。
老後の為の資産運用

年金は減っていく、あなたの老後はどうなる?

平均寿命の延び、少子化、インフレ、そしてマクロ経済スライドによって年金は10年、20年と見た時、減っていく事が予想が出来ます。老後の重要な柱がやせ細っていきます。資産運用することはインフレからのリスクを抑え、少なからずあなたの資産を守る事にもなります。
老後の為の資産運用

老後は年金だけで大丈夫?

あなたの老後の年金だけで大丈夫ですか?まずはご自身の年金額を確認し、家族で老後の生活について話してください。そこで老後の年金に不安を感じたら直ぐに行動しましょう。まずは使い過ぎていないかチェックし、その余剰金で投資、また投資は長期、分散、複利、積立を基本として進めて下さい。これで老後の年金に変わるものが手に入ります。
社長の日記

親の老後と死後の相続

両親の老後と死後の相続について考える。両親共に70代を過ぎていて二人ともまだ元気で仕事をしている。まだまだ若い方だと思うし、今の70代は本当に若い思う。ただ何も準備もしていない時に実際の介護必要が発生したり、死亡したり。今の家は売るのか、リフォームが必要か?生命保険に入っていると思うので、それを含めて親の生活は維持できるのか?家族とのお金の話をしていかなくてはいけない。
資産運用

日本人の平均貯金額はいくら?

みんなの貯金額などのデータから自分にあった投資方法を考える。日本人の平均貯金額は1,151万円、これは高額資産を所有しているが平均値を大きく上げていて、中間値と呼ばれる日本人の貯蓄額は380万円これなら、われわれの実感に近いものがある。将来の年金額と自分の生活とのギャップを埋めるために、投資を始めるのに遅いことはないと思います。
資産運用のお悩み解決

海外在住で日本の証券会社に口座を開く方法!iDeCoを活用して日本に投資しよう

海外在住してから資産運用に関しては少しストレスは感じていた。それは言葉の問題です。やっぱり日本で資産運用やりたいと思っていろいろ調べていたら日本の証券会社で口座が持つ方法が見つかりました。それはイデコ(iDeCo)です。
海外駐在員の資産運用

年金だけで幸せな老後生活を送れない!海外で出会った資産運用方法とは?

私の年金額を調べると、厚生労働省が発表している一般的な年金額の半分以下でした。ここのままでは幸せな老後生活は送れません。老後資金の為に資産運用を始めなければと思い、色々と調べていると、資産運用セミナーのお誘いを受け、参加することにしました。
スポンサーリンク