不動産投資の初心者の為に比較・情報サイトまとめ

不動産での資産運用
この記事は約5分で読めます。

不動産投資を始めるには、どいった物件が売りに出ているのか、物件のあるエリアはどんなところかなどの情報を集めなくてはいけません。不動産投資初心者のあなたのサポートをする、物件比較や情報取集に必要な各種サイトをまとめました。

物件探しの第一歩として役立つのが、「建美家」「落待」などに代表される投資用不動産情報サイトです。その他にも「ライフルホームズ」「アットホーム」などにも投資物件の情報が掲載されています。

「建美家」
https://www.kenbiya.com/

「落待(らくまち)」
https://www.rakumachi.jp/

「ライフルホームズ」
https://toushi.homes.co.jp/

「アットホーム」
http://toushi-athome.jp/

家を探す場合は「SUUMO」「HOME,s」「エイブル」などを思い浮かべる方は多いかもしれませんが、これらのサイトは自宅として住みたい人が家やマンションを探す時に使うサイトです。

このサイトに載せられている情報は、ここに住む人に向けての情報が掲載されています。

先ほど紹介した「建美家」「落待」などは不動産投資用の情報サイトなので、投資家に向けた情報が掲載されています。

例えば築年数や建築構造(木造・RCなど)、現在の入居率や実際に投資した時の想定利回りなどを比較できます。

スポンサーリンク

まずは土地勘のあるエリアから

こうした情報サイトから物件を探していくのですが、情報量は非常に多いので、不動産投資の初心者はまず土地勘のあるエリアを集中して探していくと物件を見る目が鍛えられます。

例えば高利回りをうたった物件があったとします。

こうした物件は本当にそこまで高利回りなのか?またどんな場所なのかしっかり調べた方が良いです。全くの土地勘が無い所は、不動産投資の素人が手を出すべきではありません。

どうしてもその物件が良ければ実際に物件まで行って、また周辺エリアの情報をよく調べましょう。その物件から例えばコンビニや駅、バス停などの入居者の利用が想定できる場所には自分の足で歩いて情報を集めましょう。

そうして先ほど紹介した「SUUMO」「HOME,s」「エイブル」などで、周辺の家賃価格などを調べ、似たような物件を探すことも重要になってきます。また実際に行った際に地元の不動産さんを回っても情報が入ります。

まだお目当ての物件が無ければ、まず自分の土地勘のあるエリアの家賃相場を知る事から始めるのも面白いと思います。

私の場合は不動産物件を見るのはとてもワクワクして楽しい作業です。そこに自分が暮らしたらどんな暮らしができるのか?日当たりはどうだろう?南向き?風の通りは?など、入居者目線になってしましますが、楽しく見ていられます。

スポンサーリンク

狙いを明確にすること

郊外が良いのか、都内が良いのか、ワンルームなのか、アパート一棟なのか

こうした狙いを絞る事で効率的に物件を探すことが出来ます。

またネットで検索すればすぐにベテランオーナーさんのブログなどが見つかるので、そういったところから情報をもらい、まずはベテランのやり方をモノマネするのもいい方法です。先ほど紹介した「建美家」にも先輩オーナーさんのブログやコラムが載っています。

スポンサーリンク

気になる物件が見つかったら需要の予測

気になる物件が見つかったら、そのエリアに需要(入居希望者)があるのか判断するのに役立つ、人口や人の流れを示す比較・情報サイトをまとめました。

総務省統計局が出している都道府県別の人口の増減
http://www.stat.go.jp/data/jinsui/index2.html

国立社会保障・人口問題研究所のサイト
http://www.ipss.go.jp/

ライフルホームズ賃貸経営
https://toushi.homes.co.jp/owner/
このサイトでは人口の増減などがビジュアルで表示されて非常に見やすい

駅の乗降人数
http://www.jreast.co.jp/passenger/
JR東日本が公表している乗降人数

開発プロジェクトの状況
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/bunyabetsu/machizukuri.html
このサイトは東京都市整備局が公表している、都市計画の情報です。もし他のエリアを探したい場合は「エリア名」と「都市整備局」「整備局」などで検索すれば出て来ると思います。

これらの比較・情報サイトで人口の増減、都市計画の進捗などを確認する事も重要です。

スポンサーリンク

一棟買いを考えているなら

情報サイトではないですが、一棟買いなら物件のレントロールを確認することが重要です。

レントロールとは、賃借条件の一覧表のことで、不動産会社などから入手することが出来ます。

見るべきポイントはいくつかあるのですが、まずは賃料にばらつきがないか?ばらつきがあり、古い入居者さんに比べて新しい人が安い場合は、周辺の競合物件もしくは入居者自体が減っているなど想像できます。また古い入居者が出ていくと、想定している利回りが確保できなくなる可能性もあります。

次に見ておきたい点は入居年月です。入居年月がバラバラであれば、問題はありません。なぜなら一気に入居者が居なくなるリスクは減るからです。

もし同時期に入居している件数が多いようであれば、疑った方が良いかも知れません。フリーレントや、友人や関係者を無理に入居させている可能性もあるので、これは一気に解約になる可能性が高くなるので、気を付けましょう。

まず何から始めたら分からない不動産投資初心者のあなたでも、比較・情報サイトから最適な情報を得る事で、成功に近づく確率を高めて下さい。

不動産の他にも投資に関する記事を書いています「株の初心者に投資信託をおすすめする理由」もあわせてご覧ください。

あなたにおすすめ記事

40代のサラリーマン経営者です。現在は海外の子会社で勤務しております。自分の体験も含め国内、海外での資産運用の情報をこちらのブログからお伝えしたいと思います。

MYOをフォローする
不動産での資産運用
スポンサーリンク
資産運用で家族を幸せにするブログ