香港での資産運用

香港HSBC銀行の口座開設はまだできる?【海外での資産運用】

香港HSBC銀行で口座開設したのは2年前の事だが、前から口座開設が厳しくなったと言われ続けている。語学ができない私でも口座開設ができた理由と、現状をご紹介します。
2019.01.02
海外駐在員の資産運用

海外在住、駐在員が資産運用する際に気をつける事をまとめました。

駐在員で海外在住し生活に慣れれば、現地のお給料で生活は十分です。もし日本の銀行のお金の使い道がないなら資産運用でお金を働かせましょう。そこで海外で資産運用する際に気を付ける事、また海外送金の安い方法を紹介します。
2018.12.20
香港での資産運用

香港ドルの切り上げはあるのか

香港ドルの切り上げは実現するのかはまだ分かりませんが、現状の中国との経済的なつながりなどを見ていくと将来的には香港ドルの切り上げや人民元との統一通貨、または人民元とのペッグ制など様々なオプションが見えてきます。香港ドルに切り上げによって恩恵を受けるには香港ドル建てで貯蓄もしくは運用していくことが切り上げ時に効果を発揮するかもしれません。
2019.01.02
iDeCoで資産運用

イデコ(iDeCo)運用、5月の経過

2年前くらいから「iDeCo」や「NISA」のニュースをよく見るようになり始めていますね、今でも経済誌などで同じような記事を何度も読んだりしています。これは自分が加入しているからよく目につくのか、それとも単純にそういったニュースや記事が多いのか?ただ意識をしてみないと世の中には見えてこないものがたくさんあります。
2018.08.31
社長の日記

海外の歯医者での虫歯の治療。日本の保険で治療費はいくら返ってくるの?

海外で生活していると困る事の一番は病院です。特に歯医者での虫歯の治療は大変です。まず言葉が通じない、そもそも信用できない。こうなったら日本語の通じる少し高い歯医者に行くしかありません。その際の治療費と日本の保険でいくら戻ってくるのか書きます。
2018.08.30
iDeCoで資産運用

イデコ(iDeCo)運用、4月の経過 

経済ニュースは良いですね、この間テレビを見ていたらあるコメンテーターが良いことを言ってました。「経済ニュースに後ろ向きな報道は少ない」確かにその通りだと思います。だから見ていても嫌にならないのかなと思います。 いでこ(iDeCo)の方も順調に戻ってきているので、長く付き合っていくので、ここで何かするわけでは無いですが、楽しみにしたいと思います。
2019.01.23
香港での資産運用

香港のニッポンウェルス銀行(NWB)で開設準備!資料請求した結果

香港で銀行口座を開設したいと思っていても、言葉の問題で断念することが多いと思います。私も香港での口座開設にはフォローなしでは難しかったです。でもニッポンウェルス銀行(NWB)であれば大丈夫。日本語で対応してくれます。資料請求した結果を報告します。
2019.01.31
香港での資産運用

香港へ海外送金の方法!ゆうちょなど3社を比較!一番安い方法は?

香港や海外に海外送金する際に手数料を安く抑える方法について、ゆうちょダイレクト、銀行、トランスファーワイズ(TransferWise)3社を比較して紹介します。
2018.12.24
iDeCoで資産運用

イデコ(iDeCo)運用、3月の経過 

イデコ(iDeCo)は本来は気にせず寝かしておけばいいのかもしれませんが、そうはいきません。60歳までは引き出せないので長期運用と考えると、まだ多少のリスクは取れると思っているので、現在の構成は「ひふみ年金」「DCニッセイ外国株式インデックス」に半分ずつにしています。
2018.10.01
老後の為の資産運用

年金は減っていく、あなたの老後はどうなる?

平均寿命の延び、少子化、インフレ、そしてマクロ経済スライドによって年金は10年、20年と見た時、減っていく事が予想が出来ます。老後の重要な柱がやせ細っていきます。資産運用することはインフレからのリスクを抑え、少なからずあなたの資産を守る事にもなります。
2018.08.06
スポンサーリンク