円建て・ドル建ての生命保険を同時加入してレバレッジを利かせる資産運用

生命保険で資産運用
この記事は約5分で読めます。

これを読んでいる皆様の中には、ご自身で資産運用をされている方も多いのではないでしょうか。

どうせお金を貯めるのであれば、効率よく貯めて殖やしていきたいですよね。

でもお金を殖やしたいけれど、あまり大きなリスクを背負いたくないというのが、ほとんどの人の本音ではないでしょうか。

生命保険は、比較的安定した資産運用といわれていますが、一定量のリターンを確保しつつ、リスクの量をコントロールできるような方法はあるのでしょうか。

それは円建て、ドル建ての生命保険を同時加入して、レバレッジを利かせる資産運用です。

スポンサーリンク

生命保険でレバレッジ利かせる資産運用とは

リスクを軽減しつつ保険料にレバレッジを利かせるには、2つのプランに加入しましょう。

「生命保険は1本」なんてルールはありません。

具体的には、円建て終身保険(または円建て年金)と外貨建て終身(または外貨年金)の2種類です。

いわゆる「分散投資」のようなものです。

円建ては返戻率(リターン)が小さい代わりにリスクが小さく、将来受け取れる金額が予測しやすいのが特徴です。

一方で外貨建ては為替変動の不確定要素があるのでリスクは大きく、その代わりに返戻率が高く、また受け取り時に円安に振れれば、さらにリターンが大きくなります。

ここで保険料(=自身の手持ち資金)にレバレッジを掛けるのは外貨建ての方で、リスクをコントロールするのが円建ての方です。

つまり、同時加入であってもリスクをあまり取りたくない人は、円建てに入れる保険料の割合を増やし、リスクをある程度考えられる人は外貨建てに振ればいいのです。

円建て終身保険と外貨建て保険のメリット・デメリットまとめ

*表中の特徴はあくまで一般論です。商品ごとに特徴は異なりますので、詳細は具体的なプランをご確認ください。
**現在の予定利率が35年間継続したという前提で計算しています。

円建て、ドル建てのミックスのプラン例
設定:30歳加入、65歳解約(1豪ドル=82円で計算)

上記のプランは、プランA(以下A)が円建ての低解約返戻金型終身保険(低解終身)、プランB(以下B)が豪ドル建ての低解終身に同時加入した例です。

AとBは保険料の総額500万円ずつ、合計1,000万円にしていますが、リスクとレバレッジ効果はこの1,000万円の配分次第なのです。

Aは典型的な円建ての低解終身で、Aの割合が高いほどプラン全体でのリスクの総量は小さくなり、同時にレバレッジ効果は小さくなります。

Bは外貨建て終身の典型的な例ですが、保険料を払い終えた(=低解約返戻金の期間満了)あとの、解約返戻金の立ち上がりが鋭く、為替変動がなければ65歳時点で解約しても160%の返戻率が得られます。

Bに入れる保険料が多いほど、レバレッジ効果は大きくなります。

為替相場次第で返戻率が変わりますが「65歳時点で解約」と決め込むと、もし円高に振れていたら受取額が目減りしますので、「65から70歳までの間で解約」と、プランに少し幅を持たせるといいでしょう。

この5年間は円建て終身を解約した返戻金+(あれば)退職金+公的年金+αで乗り切れるよう、資金計画を練っておきましょう。

スポンサーリンク

円建てと外貨建て同時加入のメリット・デメリット

メリット1、保険料にレバレッジをかけられる

レバレッジ効果の源泉は外貨建ての方で「高い予定利率」「為替変動」がその根拠です。

予定利率とは銀行でいえば利息のことで、保険会社が保険料を原資に資産運用する際の利率です。

図②の通り、生命保険の中でも外貨建ては図抜けて高い利率での運用が可能です(*)。

*現実には保険料のすべてが運用に回るわけではなく、実際の運用利率はもう少し小さくなります。

為替変動は損失のリスクでもありながら、適切に管理すれば返戻率を跳ね上げるチャンスでもあります。

保険料支払期間に円高に振れると保険料が下がりますから、その際に先々の分までまとめて保険料を支払えます(前納)

セール品をまとめ買いするようなものです。

解約予定時期に円安に振れると、受取金額が増えますから、そのタイミングを見計らって解約することと合わせて、外貨建て保険でも為替差益を生むことができます。

メリット2、リスクの総量を抑えられる

円建て終身は、将来受け取れる金額が決まっているので、資金計画を立てやすいのが利点です。

「最低限ほしい金額は円建て」と決めて準備することで、将来生活資金が足りなくなるリスクを抑えることができます。

デメリット1、外貨建て1本で加入するよりは返戻率が下がる

投資の世界では「リスクとリターンは比例する」が鉄則で、生命保険でも同じです。

これはリスク回避の円建てとトレードオフです。

この点をデメリットに感じる人はリスク耐性が高い傾向にありますから、外貨建てや変額などに絞ってハイレバレッジの運用がおススメです

デメリット2、保障が過大になる可能性がある

生命保険はあくまで「保障性の金融商品」です。

1,000万円を投じると、その分の返戻金の権利と同時に保障まで付いてきます。

純粋に資産運用という観点では余計な機能ということもできます。

スポンサーリンク

円建てドル建ての生命保険を同時加入したレバレッジを利かせる資産運用のまとめ

ここまで、円建てドル建ての生命保険を同時加入したプランを見てきましたが、今回のようなプランを検討する際は専門家と話し合いましょう。

というのも、AとBの割合はその人のリスク耐性次第で何通りもあるからです。

場合によっては、これに米ドルのプランや一時払い終身を追加(プランC)ということもありえます。

そして、セカンドオピニオンを求めましょう。

それは、専門家である生命保険募集人ですら、資産形成分野に疎い場合があるからです。

資産形成分野に精通した募集人を見極めるポイントの1つは、同種の商品で異なるプランを作り、組み合わせられるかどうかです(他にも、税制に詳しいなどありますが)。

実務的にも、同じ商品で微妙に機能が異なるプランに3本加入しているお客様もいらっしゃるのです。

専門家と一緒に、ご自身にぴったり合ったプランで、保険料にレバレッジをかけていきましょう。

保険の相談先はこちらがおすすめです。

見直しラボでは「保険の見直し」や「新規加入」を検討されているあなたのところに、プロのFPが無料で訪問するサービスを提供しています。

◆見直しラボで相談するメリット◆
・全国約60拠点と訪問型保険代理店では最大級!
・約30社の取扱保険会社(他保険代理店と比べてもトップクラス)から、あなたにピッタリの保険をオーダーメイドできる。
・平均11.8年と競合他社(他保険代理店、他FP紹介サービス)の中ではNO.1のベテランFP揃い!
・何度でも無料で相談できる。
・強引な勧誘は一切しません。
★今なら無料保険相談で総額2000万円分のプレゼント!(北海道産のゆめぴりかや、仙台の熟成牛タンなど)
※プレゼント期間:2019年4月30日迄

業界最大、全国1300店舗以上の保険ショップと提携し、無料相談の予約サービスをご提供しています。
保険ショップは、ショッピングセンターや駅ビルなどの商業施設に出店しているため、行き慣れた場所で、お買い物のついでに気軽に保険相談をすることができます。
◆保険相談ニアエル(旧LIFULL保険相談)の特徴◆
「ご自宅での保険相談に抵抗がある」という声から、訪問型ではなく、来店型の保険ショップ(窓口)の無料相談に特化してサービスを提供します。
主な提携先:保険見直し本舗、イオン保険サービス、保険ほっとライン、ほけんの110番、保険ひろば等

保険コネクトは保険の相談をしたい方と、全国の保険販売資格者 or FPをマッチングさせるサービスです。

◆保険コネクトの特徴◆
・保険相談した人の約90%が満足と回答
・2500人以上のプロフェッショナルが全国各地で対応
・全国どこでも、相談は完全無料
・保険相談完了後、アンケート回答実施で、30.000種類以上の各種サービスが受けられる!詳しくは詳細ページへ
・提携FPが複数の保険商品を比較して提案
・経験5年以上等の評価項目を満たす優秀なFPのみ
・過去の相談者からの評判が悪いFPへの紹介はしません。
・保険への加入をご希望の場合のみご契約、FPによるしつこい営業行為はありません。