資産運用の目標は長期投資になると失う事もあるので、その時の対応は?

資産運用の目標は長期投資になると失う事もあるので、その時の対応は? 資産運用
この記事は約5分で読めます。

資産運用の目標は、リスクの少ない長期投資を行っていると途中で目標を失うことがあります。

10年、20年と時間を掛けて行う長期投資は、その期間の間に市場が大きく揺れる事があります。

そのタイミングであなたが始めに決めた目標を見失わなければいいですが、人間そんな簡単ではありません。

もしあなたが投資している先の業績や、株価が大きく下がったりしたら

このまま投資を続けて良いのだろうかと悩むと思います。

逆に大きく上がる可能性のある投資先が目の前にあったら?

あなたにはこうした事を判断しなくてはいけないタイミングが何回も訪れます。

その時にどういった行動をとれば良いのか、これからご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

積立で投資信託をしていると目標を失い挫折する?

長期の積立投資(投資信託)は少額から始められるうえに、日々の値動きに左右されにくい為、本が保証されない資産運用の中ではかなり安心感のある投資方法と言われます。

しかし最初は明確に目標を持ってはじめても、日々相場は動きます。

上がれば「もっと利益を出したい」と欲が出たり、下がれば「どこまで下がるのか」と不安になったりするものです。

 

最も危険なのが下がっているケースです。

相場は日々動いているため、一時的にマイナスになることもあります。

長い目で見れば世界経済は成長しています。

大きな損失は戻る場合が多いというのも忘れて不安のあまり、売却してしまうことが多いのです。

積立投資はまとまった金額を一度に買付する投資とは違い、コツコツ買い続け、何十年単位で結果を出すことを目的とした投資方法です。

目先の価額変動に惑わされてはいけないのです。

 

それでも価額変動に一喜一憂するのであれば、毎月の積立、引き落としが自動的に行われるように設定しましょう。

自分でチェックしなくても勝手に積み立てられるシステムを利用するのもおすすめです。

運用中は少々の値動きは気にせず、最終的に自分の目標金額を達成した時点で売却すればいいのです。

資産運用での最終目標を見直す(目標金額、目標利回り)

積立をはじめて投資に慣れてくると・・・

「もっと利益が出るものはないか?」

「こっちのほうが面白いのではないか」

このように少々ハイリスクな商品も気になってきます。

 

私も面白そうという事で「仮想通貨」や「FX」などに興味をもち調べたことがありました。

しかしこれらは本当の余剰金で少し始める程度は良いかも知れません。

実際は私としては「投資」ではなく「投機(ギャンブル)」の部類に入ると考えたので、手を出すことはしませんでした。

 

積立投資は頻繁に売買しては、その魅力を失う

「仮想通貨」「FX」ほどでは無いですが、積立投資であっても、積立とは別に短期間に売り買いを頻繁にすることは可能で、そこで利益を出すことは出来ます。

しかしそれは長期投資によってリスクを軽減させるものとは、全く逆の方向に進んでしまいます。

 

また積立中の投資先の価格が下がったからといって、すぐに手を引くことは止めましょう。

先ほども書きましたが、焦って売却すると結果的に損失に繋がる場合もあるためです。

その時には最初に設定した目的、利回りを振り返る必要があります

また振り返りと同時に今の投資プランが最適か、自分に合っているか見直します。

 

例えばあなたの目標が20年後に1000万円だとします。

※退職金や預貯金など組み合わせて老後の2000万円の資金を準備する予定

 

■毎月3万円で20年間積立投資した場合のシミュレーション

  • 利回り0%:7,200,000円
  • 利回り3%:9,849,060円
  • 利回り5%:12,331,010円
  • 利回り7%:15,627,800円

 

例えば3%程度の利回りを目指すのであれば、ハイリスクな商品を選ぶ必要はありません。

このシミュレーションのように、20年後には約1000万円のお金を用意することが出来ます。

 

但しある程度の期間を経過した後に、保有している投資信託のパフォーマンスが思うようなものではない場合は、相場の様子を見ながら組み替える必要もあります

このような時はしっかりと検証する必要があります。

 

まず投資信託の場合はそのファンドの運用責任者のコメントや、今後の運用に関する考え方、また個別銘柄であれば、その企業の情報を確認しておきましょう。

もし個別銘柄で組み換えに迷ったら、こうした株式投資の無料メルマガの「TMJ投資顧問」から情報を得てみましょう。

投資信託であれば、こちらの記事を参考にしてください。

 

こうした利回りの目標設定を簡単にシミュレーションしてくれて、後は自動で資産運用をしてくれる、お任せ投資を始めたいのであれば「ウェルスナビ」がおすすめです。

 

またその後に最終目標を上げたい、積立期間を短くしたい、ということであれば積立金額を増やしたり、投資先を変更する必要もあります。

まとめ

まずは始めに目標の金額や目標の利回りを決めて資産運用を始めて下さい。

そしてその目標通りに進んでいるのか、年に1回程度の見直しを行いましょう。

その時に目標通りであればそのまま継続し、思ったような結果になっていなければ、運用先を変更したり投資額を増やすなどの対応を取りましょう。

またこうした事について、もっと勉強したいと考えている方は無料の資産運用セミナーなどに参加することをおすすめします。

ただし無料セミナーの場合には金融商品を勧められるなどの注意点もあるので、こちらの記事も参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました