イデコ(iDeCo)運用、9月の経過

iDeCoで資産運用
この記事は約3分で読めます。

9月も終わり、残すところ今年も3ヶ月となりました。

日本の皆さんは台風の影響は大丈夫でしょうか?

私はいま海外にいますが、インターネット経由で日本のテレビを見ることが出来るので、日本のニュースも自然と入ってきます。

今回の24号と前回の21号の台風については、既に海外のメディアも被害状況を大きく取り上げているので、どこにいたとしても入ってくる情報ですが

日本に被害などのネガティブな情報は、日本人としては気になりますね。

9月もこの台風以外に多くのニュースがありましたが、まずは日本では阿部さんが3選しましたね。

この影響もあると思いますが、株価も24000円を突破しました。

そして海外では、まだまだアメリカと中国の貿易摩擦は着点が見えてません。おそらくこのまま膠着状態が続く方が、アメリカにとっては勝手が良いのかもしれませんね。

アメリカでは間もなく中間選挙があるので、中国や他の国に強いアメリカを見せつけるパフォーマンスではなく、実際に行動しているという意味では良いのかもしません。

但し、中間選挙は怪しい雲行きとの報道もあるので、共和党はどうなるのか?

11月なので、もう少し先になります。

という事で、iDeCoの成績を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

iDeCoの運用結果

※過去の運用結果は「iDeCoでの運用実績」からご確認いただけます。

ようやく「ひふみ年金」が帰ってきました。

まだこれからが長いので、こんな事をいちいち気にしていては良くありませんが、今年は最初からずっとマイナスで来ていたので、少し心配になる時もありました。

 

ひふみ年金の上半期の動きは「iDeCoでの資産運用【ひふみ年金】の上半期をまとめて振り返りかえる!」をご覧ください。

 

信じて待ち続けた甲斐がありました。

ただ外国株、AMAZON、VIZA、Microsoftの割合がじわじわとですが、増えてきているのがやはり気になりますね。

外国株、日本株が共に好調なので、今回のような結果になっていると思うのですが、少し複雑な感情です。

ひふみ年金を運用している、レオスキャピタルに藤野社長(運用責任者)によると

「日本の株式だけではパイが少ないので、海外の株式が増えていくのは自然の流れ」

と話していたのを記事で読みました。

確かに今のひふみ年金、ひふみ投信、ひふみプラスの総資産額は既に8,000億円を超えているので、日本だけにこれだけの資金を投入するのには、選択枠が少ないのは分かります。

でも日本に埋もれている優良な企業を発掘するという考え方が、見えなくなってしまうのは、少し寂しい気持ちです。

あまり資産運用に感情を入れるのはどうかと思うけれども、また日本に住んでいないから余計に、日本を応援したくなる気持ちも、私の中にあるのかもしれません。

そういった感情の中で「ひふみ年金」を選んだので、もっと日本の企業にもフォーカスをして欲しいと思っています。

でも、最終的には結果が全てになりますが・・・

「ニッセイ外国株式インデックス」はかなり順調ですね。

このファンドのマザーファンドは資産総額は1,000億円を超える大きなファンドで、日本を除く先進22か国で資産運用をしています。

 

ニッセイ外国株式インデックスを詳しく知りたい方は「iDeCoでDCニッセイ外国株式インデックスを購入、評判と利回り、実質コストは?」をご覧ください。

 

「ニッセイ外国株式インデックス」と「ひふみ年金」を外国株と日本株と意味で2つを選んでいたので、「ひふみ年金」が少しずつかぶり始めている事になります。

そこも少し懸念事項になります。

基本は「分散」「積立」「長期」の考え方で資産運用をしているので「分散」が少しずつ弱まりつつあります。

かと言ってもまだ数字としてはそこまで大きくはないのと、あとはアメリカを含め外国経済が順調なので、もう少し様子を見ていきたいと思います。

あなたにおすすめ記事

40代のサラリーマン経営者です。現在は海外の子会社で勤務しております。自分の体験も含め国内、海外での資産運用の情報をこちらのブログからお伝えしたいと思います。

MYOをフォローする
iDeCoで資産運用
スポンサーリンク
資産運用で家族を幸せにするブログ