イデコ(iDeCo)での資産運用、12月の運用実績!

iDeCoで資産運用

年末は毎年同じですが、怒涛のように時間が流れていきます。

いつも来年に向けての目標を建てようと思うのですが、思うようには進みません。

そんな中、資産運用に関してはiDeCoでじっくり取り組んでいこうと思っているので、そこまで焦る事はありません。

もちろん経済ニュースは毎日チェックしているので、大体の流れは感じてはいます。

12月のニュースは「ゴーンショック」から始まり、米中貿易摩擦、そしてなんとアップルが時価総額で米マイクロソフトに抜かれて2位に転落。

またショックが出てきましたが「アップル・ショック」です。

中国経済に世界は依存している事の証拠なのかもしれません。

そんな中、日本はTTP11やEUと経済協定(EPA)など、中国経済への依存からの脱却を図っています。

そんな良いニュースはどこ吹く風と言わんばかりに、日経平均は芳しくなく、期待のソフトバンクも大コケしてしまいました。

イデコの方もあまり結果は良くありません。

スポンサーリンク

イデコ(iDeCo)12月の運用実績

先月の結果はコチラ

ひふみも、ニッセイもマイナスです。

ココまで来たら「毒食らわば皿まで」と思い、来月からニッセイの割合を下げようかと思っています。

今まで50%ずつにしていたのですが、ニッセイを40%、ひふみを60%にします。

結果が見えるのは数年、十年先になるので、この判断が間違っているのかどうかは分かりません。

だた最近のニュースで、ひふみ(レオス・キャピタルワークス)に関して気になるのはこちらのニュースです。

レオス上場延期、みずほ証券が問題指摘
レオス・キャピタルワークス(東京・千代田)の藤野英人社長は21日、新規株式公開(IPO)の延期について日本経済新聞に対し、「20日の夜に主幹事を務めるみずほ証券からの連絡で、延期を決めた」と明らかに

上場を延期することになった事です。

これが今後、どういった影響がるのか、見守っていきたいと思います。

 

あなたにおすすめ記事

40代のサラリーマン経営者です。現在は海外の子会社で勤務しております。自分の体験も含め国内、海外での資産運用の情報をこちらのブログからお伝えしたいと思います。

MYOをフォローする
iDeCoで資産運用
スポンサーリンク
資産運用で家族を幸せにできるか