【資産運用の種類】外貨預金とは?特徴とメリット・デメリット

資産運用の種類
この記事は約5分で読めます。

USドルやオーストラリア(豪)ドルなどの、外貨での預金について聞いたことはあるかと思います。

ここでは外貨預金について詳しく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

外貨預金の特徴は

「外貨預金」とは、日本円以外の外国の通貨で預金を行う、資産運用の種類の1つです。

特長は、日本円での預金よりも、外国の通貨で預金した方が預金金利が高くなる傾向にあるため「外貨預金」の方が利息が高くなります。

但し日本円を外国の通貨に、また外国の通貨を日本円に両替するときに、為替(両替)手数料が2回発生します。

スポンサーリンク

外貨預金のメリット・デメリット

「外貨預金」のメリット、デメリットを紹介したいと思います。

外貨預金のメリット

1、利息が高い

まずは現在の日本は超低金利時代と呼ばれており、銀行にお金を預けておいても、微々たる利息しかないので、日本円での預金では効果的な資産運用は期待できません。

ところが外国の通貨で預金を行う「外貨預金」であれば利息が日本円よりも高く設定されていることが多いです。

「外貨預金」する金融機関にもよりますが、日本円での預金金利が0.01%なのに対し、例えばアメリカドルでの預金金利は0.20%となっています。

また外国の通貨での預金であれば、この利息の他に、日本円と外国通貨の交換レートの変動によるリターンも期待できます。

2、為替差益

為替差益(かわせさえき)」による利益が期待できる点です。

例えば日本円とUSドル(アメリカドル)の交換レートが100円で1USドルの時に、10,000円を外貨預金にて資産運用を行った場合

10,000円÷100円=100USドルを預け入れたことになります。

その後、日本円とUSドルの交換レートが115円で1USドルになったとすると、10,000円で預入した100USドルは

115円×100USドル=11,500円になり、1,500円の利益が発生します。

この時、発生する利益が「為替差益」です。

このように外国通貨との交換の際に日本円が高く(円安)なると、預金金利以外の利益を得ることができます。

外貨預金のメリットまとめ

  • 日本円での預金金利と比較して高い預金金利による、利息が期待できる
  • 外国通貨と交換に必要な日本円が高く(円安)なると、利息以外に「為替差益」による利益が発生する

外貨預金のデメリット

1、為替損益

先ほど紹介した「為替差益」は、日本円と外国通貨の交換レートと変動によっては、デメリットとなることがあります

先ほどの事例では、1USドルとの交換に必要な日本円が100円から115円に変動しましたが、100円から80円に変動した場合には利益ではなく、損失となってしまいます

10,000円で購入した100米ドルが、交換レートの変動後には80円と1米ドルとの交換になる為、預け入れた預金額は

80円×100米ドル=8,000円になってしまい、2,000円の損失となります。

交換レートの変化により損失が発生することを、「為替差損(かわせさそん)」と言います。

ただこうした為替での損益を出すリスクも「ドルコスト平均法」で抑えることは出来ます。

ドルコスト平均法とは、毎月など一定のタイミングに、一定の金額を、USドルなどの金融商品などに投資しているのであれば、高値の時には少なく、安値の時に多く購入することで、購入コストを平均化することで来ます。

2、手数料が2回必要

次に先ほど紹介した為替(両替)手数料についても

①日本円→外国通貨

②外国通貨→日本円

このように手数料が2回かかる事になるのでデメリットとなります。

日本円での預金金利と比較して、高い預金金利による利息や「為替差益」による利益があったとしても、為替(両替)手数料によって、収支がマイナスになってしまうことがあります。

手数料は金融機関によって異なるため、できるだけ手数料がかからない金融機関を利用しましょう。

3、ペイオフの対象外

さらに銀行預金ではありますが、「外貨預金」は預金保護(ペイオフ)の対象外となっています。

日本円で金融機関に預金をした場合、元本1,000万円とその利息が預金保護(ペイオフ)によって、保護されます。

しかし「外貨預金」は預金保護の対象外であるため、金融機関が破綻したら「外貨預金」は保護されず、すべての払い戻しができない可能性があります。

特定の金融機関にて「外貨預金」を行うのではなく、複数の金融機関を利用しましょう。

外貨預金のデメリットのまとめ

  • 外国通貨と交換に必要な日本円が安く(円高)なると「為替差損」による損失が発生する
  • 為替(両替)手数料の額によっては、収支がマイナスになることがある
  • 預金保護(ペイオフ)対象外であるため、金融機関が破綻した場合、すべ手の払い戻しができない可能性がある。
スポンサーリンク

【資産運用の種類】外貨預金についてまとめ

外国の通貨で預金を行う「外貨預金」は、日本円の金利よりも比較的に高い金利による「利息」と「為替差益」によって、リターンを期待することが出来る資産運用です。

一方、預金保護(ペイオフ)の対象外であり、また日本円と外国通貨との交換レートの変動によっては、損失が発生する場合があります。

日本円と外国通貨との交換レートの変動は世界情勢に大きく影響されるため、グローバルな視点で常に情報を収集する必要がある資産運用の種類の1つとなっています。

本ブログでは、この他にも資産運用の様々な種類について解説をしています。

こちらもご覧ください。

あなたにおすすめ記事

40代のサラリーマン経営者です。現在は海外の子会社で勤務しております。自分の体験も含め国内、海外での資産運用の情報をこちらのブログからお伝えしたいと思います。

MYOをフォローする
資産運用の種類
スポンサーリンク
資産運用で家族を幸せにするブログ