複利での運用をおすすめする理由

資産運用のお悩み解決

複利とは「元金に対してついた利息を元金に加え、その合計額(元金+利息)に対してまた利息がつくので、それを繰り返していく」事を言います。

これを投資でいいかえると、例えば年利10%の金融商品があり、それに10,000円を投資したら、一年後に元金は10,000円でそのまま、利息は1,000円となるので、元金プラス利息の11,000円を新たな元金として再投資することになります。

スポンサーリンク

複利と単利の違い

利息には2種類あります。今説明した「複利」と「単利」です。

複利は今説明したように利息も一緒に元金として、再投資に回すことになりますが、「単利」はどういったものなのか?

同じように年率10%の金融商品があり、これを「単利」で運用します。そこに「複利」の時と同じ額10,000円を投資した場合にどのようになるのか、実際に計算してみたいと思います。

「単利」

1年目
10,000円×110%=11,000円 (利息は1,000円)

2年目
10,000円×110%=11,000円 (利息は1,000円)

3年目以降も同じように
10,000円×110%=11,000円 (利息は1,000円)

3年間投資して、単利の場合は元金10,000円、利息3,000円でトータルでは30%の利益を得ています。

このように単利での運用は、利息を元金に回さずに運用することを指します。

「複利」

1年目
10,000円×110%=11,000円 (利息は1,000円、これを元金として再投資)

2年目
11,000円×110%=12,100円 (利息は2,100円、これを元金として再投資)

3年目
12,100円×110%=13,310円 (利息は3,310円)

3年間投資して、複利の場合、元金は毎年増え続け、利息は3,310円でトータルでは33.1%の利益を得ています。この時点で単利よりも複利の方が310円多く利益を得ています。

複利で運用できる商品は「生命保険での資産運用(アクサ生命)」をお読みください。

これを10年間という長期の期間でシュミレーションしてみるとコチラの図のようになります。

「単利」の場合は、10年で利息が10,000円(毎年1,000円)つくので、元金合わせて合計金額は20,000円となります。

「複利」の場合は、10年で利息が15,937円つくので、合計金額は25,937円となります。

10年間で5,937円の差が生まれます。

もしこれが常に元金を増やしていくような積立投資の場合は、複利での運用は非常に大きな力になります。

スポンサーリンク

ここでまとめ

「複利」での運用のメリットは、長期で運用する場合は「単利」より大きな利益を得ることが出来る。デメリットは、利益を他の投資先に振り分けることができない

「単利」での運用メリットは、短期で得た利益を他の運用に回すことが出来る。デメリットは複利のように大きな利益を生み出せない。次の投資先が決まっていない、もしくは老後の生活費などを目的としたような、すぐには使わないお金の場合は、複利での運用がおすすめです。

また投資信託などの商品の場合は、いくつもの金融商品がパッケージ化されているので、複利のデメリットである「利益を他の投資先に振り分けることができない」という分部を打ち消すこともできます。

投資信託で資産運用をお考えの方は「株の初心者に投資信託をおすすめする理由」もご覧ください。

スポンサーリンク

72の法則とは

こうした複利の計算は少し複雑なので、簡単に計算をしたい場合に役立つのが「72の法則」です。複利で運用する場合、元金が2倍になるまで何年かかるかを簡単に計算できる方法です。

さっきの年利10%の商品を複利で運用した場合、何年後に元金が2倍になるか計算する時、72を年利率の数字で割ります。(例えば5%なら5で割ります。)

72÷10=7.2

年利10%の商品で運用した場合、7.2年後に2倍のなる事が分かります。

複利での運用はあなたの資産形成を助ける大きな力になります。これから投資を始めようと考えている方は、まずは自分が投資する商品が「複利」か「単利」か確認しましょう。

また自分や家族の将来の事も設計し、シュミレーションしながら投資を考えてみてください。

運用をお考えの方は「資産運用の初心者が投資を始めるきっかけ」もお読みください。

あなたにおすすめ記事

40代のサラリーマン経営者です。現在は海外の子会社で勤務しております。自分の体験も含め国内、海外での資産運用の情報をこちらのブログからお伝えしたいと思います。

MYOをフォローする
資産運用のお悩み解決
スポンサーリンク
資産運用で家族を幸せにできるか