香港で資産資産を始めるあなたに

香港で資産資産を始めるあなたに香港での資産運用

香港での資産運用は非常に魅力的です。

なぜなら運用益が非課税になるからです。

HSBC銀行の口座開設から、オフショア生命保険の契約まで、私の体験したことすべてをお伝えします。

香港など海外で外貨を持つことは、今日本がインフレに向かっているときに一つの分散投資となります。

もし香港のオフショア生命保険に興味のある方は、お問い合わせからご連絡下さい。

もちろん私も香港の保険に関して細かい専門知識があるわけでは無いですが、実際に香港で資産運用している立場からの意見やアドバイスはできるので、お気軽にお声がけください。
香港での資産運用

【2019年】香港HSBC銀行の口座開設は不可能?現地銀行で開設!

2019年の香港HSBC銀行の口座開設はできるか、香港のIFAから聞いた生の情報をお伝えしたいと思います。また口座開設が目的ではなく、出口戦略を考えた資産運用をしていく方法についても紹介しています。
2019.08.29
香港での資産運用

【香港オフショア保険】シュミレーションの見方、選び方を詳しく解説!

香港オフショア保険のシュミレーションの見方、選び方を、サンライフ、FTライフのシュミレーションを元に詳しく解説します。
2019.06.24
香港での資産運用

トランスファーワイズとは?安い海外送金手数料でも確保された安全性!

トランスファーワイズと言う企業を聞いたことはありますか?海外送金手数料が安い事で有名な会社です。フィンテック業界では期待のユニコーン企業(企業価値が10億ドルを超える企業)として有名です。今回はこの会社の概要や安全性についてご紹介します。
2019.05.30
香港での資産運用

海外送金で相手の口座が間違えていても送金できるトランスファーワイズ

トランスファーワイズ(TransferWise)なら送金先が不明、受取口座番号を間違えていてもメールアドレスで、簡単に安く海外送金が出来ます。その方法を実際の画面で解説します。
2019.05.30
香港での資産運用

トランスファーワイズ(TransferWise)とは?海外送金が安い仕組みkら

海外送金にかかる手数料を安くしたい方にはトランスファーワイズ(TransferWise)がおすすめ!メリットは海外送金手数料が安い、為替の隠れコストがありません。仕組みついても詳しく解説します。
2019.05.30
香港での資産運用

「海外駐在員はお金が貯まる」は時代錯誤!最近の駐在員の実情とは

「海外駐在員はお金が貯まる」と言うのは時代錯誤です。お金の使い道が変わるだけで、日本と大して変わりません。それが最近の駐在員の実情です。でも駐在中は数年間も期間があります。その時間を無駄に使わないようにオフショア香港での資産運用をおすすめします。
2019.03.08
香港での資産運用

香港オフショアでの「HSBC銀行口座の開設」から「オフショア保険へ投資」まで全部まとめ

海外での投資を考えたことはありませんか?でもいろんな理由で一歩足を踏み出せない方はたくさんいます。このブログでは特に香港オフショア地域でのHSBC銀行口座の開設から、オフショア生命保険の契約までをまとめて書きたいと思います。オフショアの魅力をお伝えします。
2019.06.24
香港での資産運用

金利の高い海外での資産運用を始めた後の3つの注意点!

金利の高い海外での資産運用はあなたの資産を大きくする可能性は高くなるが、始めてしまえば終わりではありません。もしあなたの資産運用の目的が老後資金など長期的なものであれば、注意しておかなくていけない点を3つご紹介します。
2018.12.29
香港での資産運用

オフショアの意味とは?

あなたは「オフショア」という言葉をきいたことはありますか?この「オフショア」という言葉は金融関連や投資関連の記事で最近よく見るようになりました。金融取引、資産運用では重要なキーワードの一つです。ここでは「オフショア」の意味を解説したいと思います。またオフショア地域という意味でのメリット、デメリットも紹介します。
2019.01.02
香港での資産運用

アメリカと中国の貿易摩擦は投資のチャンス?

アメリカと中国の貿易摩擦は、日本の株価にも影響しています。また中国に出ている日系企業にも影響はもちろん、他の国も当然のように影響は避けられないと思います。この影響により注目度も高まるので、株価に対する群集心理は非常に働きやすくなります。アメリカと中国の貿易摩擦はチャンスにもリスクにもなるので、慎重に動いてください。
2019.05.20
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました