17種類の資産運用について特徴とメリット・デメリットをまとめ

17種類の資産運用について特徴とメリット・デメリットをまとめ 資産運用の種類

全部で17種類の資産運用について、その特徴やメリット、デメリットをまとめました。

例えば株式投資、投資信託、不動産投資から先物取引やFXなどについて

あなたが気になる資産運用の種類について、こちらで確認することができます。

スポンサーリンク
資産運用の種類

【資産運用の種類】仮想通貨とは?特徴とメリット・デメリット

仮想通貨とは、実体のないデータ上の通貨のことです。国などの価値の保証はありませんが、日本円や米ドルといった通貨と同様に決済や融資などに利用することが出来通貨です。資産運用の種類の1つとして仮想通貨とは?また特徴とメリット、デメリットを紹介します。
資産運用の種類

【資産運用の種類】先物取引とは?特徴とメリット・デメリット

先物取引とは将来の時点の価格を予想し売買を予約する取引のことです。価格の値上がりが予想できるなら「買い」から、値下がりなら「売り」から始めることで収益を見込めます。今回は先物取引の特徴とメリット、デメリットについて詳しく解説します。
2018.12.03
資産運用の種類

【資産運用の種類】投資信託とは?特徴とメリット・デメリット

投資信託の特徴は、複数の金融商品を集めて一つの商品にしたものです。株式や、債券に特化したもの、不動産の権利をまとめたもの、また株や債券をバランスよく組み合わせたものなどがあり、日本では6000種類を超える商品が販売されています。
2018.12.03
資産運用の種類

【資産運用の種類】不動産投資とは?特徴、メリット・デメリット

まずは不動産投資について説明してきます。不動産投資とは、マンションや、シェアハウス、駐車場、はたまた軍用地投資というものに投資をすることをいいます。一口に不動産投資と言っても、対象になるものは様々です。今回は不動産投資について説明します。
2018.12.03
資産運用の種類

【資産運用の種類】FXとは?特徴とメリット・デメリット

FXとは外国為替証拠金取引のことです。円と外貨の交換の際に生まれる為替レートの差、金利の差によって収益を見込むことができます。また証拠金を元にレバレッジ取引を行うことで少額の投資で大きな利益を生むことができますがリスクもあります。
2018.12.03
資産運用の種類

【資産運用の種類】社債とは?特徴とメリット・デメリット

社債とは企業が発行する「債券」です。株式の発行や金融機関からの借入といった資金調達以外の方法でよく用いられており、事業債とも呼ばれます。私たち個人でも小口から購入することができます。こちらでは社債の特徴とメリット・デメリットを紹介します。
2018.12.03
資産運用の種類

【資産運用の種類】外貨MMFとは?特徴とメリット・デメリット

外貨MMFとは「外貨マネーマーケットファンド」の略で、外国のお金(ドルなど)に円を両替して安全性の高い債券で運用する投資信託の一種です。格付けが高く安全性の高い債券などで運用するため、はじめて外貨投資する方におすすめの商品です。
2018.12.03
資産運用の種類

【資産運用の種類】金投資とは?特徴とメリット・デメリット

金投資と聞くと金の延べ棒をイメージし、富裕層が持っているものとイメージされやすいですが、少額での投資の種類も数多くあり個人での金投資へのハードルは低くなっています。この記事では、資産運用としての金投資の特徴を紹介します。
2018.12.03
資産運用の種類

【資産運用の種類】預金(貯金)とは?特徴とメリット・デメリット

預金とは、銀行や信託銀行、信用金庫、信用組合、労働組合などの金融機関に金銭を預けること、または預けられた金銭のことをいいます。この記事では、資産運用としての預金の特徴を紹介します。
2018.12.03
資産運用の種類

【資産運用の種類】REIT(不動産投資信託)とは?特徴とメリット・デメリット

REIT(リート)とは不動産投資信託と言います。投資信託は投資家からお金を集め、それを専門家が運用し成果を分配する仕組みです。RIETはその仕組みで不動産に投資して資産運用することです。ここではREITの特徴やメリット・デメリットを書きます。
2018.12.03
スポンサーリンク