資産運用であなたのお金を増やす方法!コツコツ100万円なんて貯金する必要はない!

資産運用のお悩み解決

あなたは資産運用でお金を増やす方法をネットや、資産運用セミナーなどに参加するなど、色々と探していると思います。

あなたが資産運用を始めるに時におすすめしないのは、お金をある程度貯めてから資産運用を始めることです。

例えば「100万円のお金がたまってから資産運用を始める」などです。

実際に貯まった100万円をどのように投資するのか?考えてみてください。

基本的な投資方法としては「一括投資」か「積立投資」のこの2つになります。

  • 「一括投資」はハイリスク=ハイリターン
  • 「積立投資」はローリスク=ローリターン

あなたが毎日の生活費を節約して、一生懸命貯めた100万円をリスクの高い「一括投資」で資産運用しますか?

私のおすすめしている資産運用は「長期」「分散」「積立」です。

この考え方であれば資産運用する為に100万円も貯金する必要はありません。

1か月に1回、決めたタイミングで一定額を世界経済に分散して投資していくことで、リスクを抑えながら資産運用することができます。

一括投資と積立投資について詳しくは「一括、積立どっちがお得か比較!」をご覧ください。
スポンサーリンク

資産運用にはストレスがかかる

私たち人間は知らない事や、やった事のないことを非常に嫌う習性があります。

なぜならそこにストレスがかかるからです。

資産運用も同じように、やった事のない人にとっては非常にストレスになります。

ですが最近は資産運用の初心者の人でも始めやすい環境が整ってきています。

例えばNISAやiDeCoなど、これらは資産運用の初心者であっても選びやすいように購入できる金融商品が絞られています。

また運用益に対して本来約20%の税金が、NISAやiDeCoであればかかりません。

資産運用を始める時点で、普通に始めるよりも有利に資産運用ができる仕組みになっています。

その他にも「ウェルスナビ」など、資産運用を始めるにあたり最初のストレスとなるポートフォリオの作成や購入する金融商品の選択など、簡単なアンケートに答えるだけで、自動で全てをやってくれます。

あなたは一定額を毎月積み立てるだけで、残りは全てロボットアドバイザーに一任して資産運用をする事が出来ます。

ウェルスナビについて詳しくは「ウェルナナビの口コミとメリット・デメリット」をご覧ください。
スポンサーリンク

資産運用するお金をつくる方法

貯金はしなくて良いですが、資産運用に使うお金は作る必要があります。

その方法としては2つ

  • 収入(お金)を増やす
  • 支出を減らす

まず収入(お金)を増やす方法は、現状の職場で収入を上げるか、もしくは全く別の収入源を作っていくかの2つの方法になります。

今は副業に対して理解が得られやすい環境が整いつつあるので、別の収入源を作っていくのが早いかも知れません。

例えば簡単に副収入を得たいのであれば「CrowdWorks」などがおすすめです。

CrowdWorks」は最近テレビでも取り上げられて話題になり、取り上げられた翌日はアクセスが出来ないほど、人が集中したほどです。

仕事依頼を受ける人(副収入が欲しい人)が増えているので、仕事を発注する側の企業や個人からの仕事依頼も自然と増えています

仕事と言っても色々あります。

例えば簡単な仕事であれば、企業や個人からのアンケートに答えるだけで100円もらえたり、よりあなたのプライベートな部分を聞いてくるようなアンケートであれば300円~500円くらいの案件もあります。

通勤途中の電車の中や、ちょっとした時間を利用して副収入を稼ぐことが出来ます。

もう一つ収入を増やす方法としては、ブログを書く事です

もちろんただの日記ではなく、その記事が誰かの役に立つようなブログを書く事です。

ただブログで副収入を稼ぐには時間と根気が必要になり、下手にブログに手を出して高い情報商材を買わされたりしてしまう可能性もあります。

私は100記事は自分の力で書いてみて、ある程度収益化のメドがついてから情報商材やオンラインサロンなどについて考えようと思っています。

なぜなら何も知らない内に手を出してしまうと、情報弱者を騙すようなモノにお金を払ってしまう可能性があるからです。

ブログの収入額について「素人ブロガーが100記事達成!収益化は?」をご覧ください。

次に支出を減らす方法です。

現状の生活費を節約していく事になりますが、これには簡単なコツのようなものがあります。

そのコツは、あなたの収入と支出を紙に書き出す事です

既に家計簿をつけている人にはあまり効果は無いかもしれませんが、家計簿をつけた事が無い人には非常に有効です。

普段の生活で何気なく使ってしまっているお金を見える化するだけで、無駄遣いを発見し、簡単に節約をすることが出来ます。

節約の方法について詳しくは「資産運用の前にやっておくべき事」をご覧ください。
スポンサーリンク

資産運用先は何が良いの?

まず基本の5種類の投資先を紹介したいと思います。

「貯金」「債券」「投資信託」「不動産」「株式」

「貯金」については、他でも言われているように今は超低金利なので、あまり効果はありませんが、定期貯金などは資産運用の一つとして考える事は出来ます。

昔は良かったようですが、今はおすすめではありません。

「債券」とは「国債」「社債」などがあります。簡単にいうと国、もしくは会社にお金を貸して、5年後や10年後に貸したお金に利息をつけて返してもらう投資方法です。

「不動産」は、あなたが物件のオーナーになり家賃収入を稼ぐものですが、初期投資がこの中で一番かかる投資方法になります。

頭金や物件の登録日、また不動産の仲介会社へ手数料など、物件の価格によりますが少なくとも200万円程度は必要になります。

「株式」はもっともシンプルですが、企業に投資する事なります。その企業の株式を購入することで、企業が成長していけばそれだけ株価も上がるので、その株価の上がった分の金額があなたの利益になります。

この5つ中で一番のおすすめは「投資信託」です。

投資信託は5つの内「貯金」以外の全てをひとつにした金融商品です。

投資信託であれば様々な投資先に分散して投資する事が出来るので、最初に説明した「長期」「分散」「積立」での資産運用を実現することが出来ます。

それぞれの資産運用先について詳しくは「資産運用の基本5種類を比較!」をご覧ください。
スポンサーリンク

まとめ

資産運用でお金を増やす方法をご紹介していきましたが、最初に言ったようにまずは100万円を貯めようなど考えない事です。

もちろんお金を貯めることは悪い事ではありませんが、資産運用において一番重要なのが「時間」です。

あなたがこれから100万円を貯める為に仮に1ヵ月1万円づつ貯金したら8年4ヶ月かかります。2万円なら4年2ヶ月です。

仮に貯金をせずに年利回り3%で2万円を毎月積立てた場合、4年2か月後には1,065,646円になり、運用益が「65,646円」あります。

貯金で0.01%の金利だとして、4年2ヶ月後には1,000,192円となり、たったの「192円」しか利息は付きません。

もちろん資産運用にはリスクはあります。ここで話したような結果にならない事もあり、逆にこれ以上の結果になる場合もあります。

経済は上下ありながらも成長していくものです。

例えば「リーマンショック」など世界経済に大きな打撃を与えた事件がありましたが、今では当時をはるかに上回る数字に成長しています。

これからの時代は個人が主体的に資産運用をする時代です。

「する人」「しない人」によって10年後、20年後に確実に資産の格差が生まれる事になります。

PR:資産運用をこれから始めるあなたには「ウェルスナビ」がおすすめです。

ウェルスナビについて詳しくは「ウェルスナビの評判・口コミ」をご覧ください。
あなたにおすすめ記事

40代のサラリーマン経営者です。現在は海外の子会社で勤務しております。自分の体験も含め国内、海外での資産運用の情報をこちらのブログからお伝えしたいと思います。

MYOをフォローする
資産運用のお悩み解決
スポンサーリンク
資産運用で家族を幸せにできるか