【20代の資産運用】老後資金いくら必要?保険を使うのに向いてる人

生命保険で資産運用

日本は世界でも有数の長寿大国です。

経済・医療の発展とともに日本人の寿命は延びてきました。

そしてこの流れは今後も続くとみられます。

長生きとは本来おめでたい話ですが、それは十分な老後資金があればこそ。

しかし、今20代の若者が高齢者になったとき、現行の年金制度が維持されているかは分かりません。

では、老後資金を確保するために、20代の若者はどのような打ち手があるのでしょうか。

スポンサーリンク

老後資金はいくら必要か?

総務省の家計調査報告では、高齢無職世帯(夫65歳以上・妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の1か月の支出がいくらかというと、約27万円とされています。

保険などを紹介する際にも、月27万円という金額が「平均的な生活を送るために必要な金額」として使われています。

例えば夫が65歳で定年退職して男性の平均年齢(2018年度)である81歳まで生きるとすると(*)平均的な生活でも老後資金は合計5,184万円が必要になります。

*現実には配偶者の死亡など、老後資金の必要金額に影響を与える要素は多くありますが、ここでは計算を単純化するために、夫が80歳まで生きるものとします。

そして、「豊かな生活を送るために必要な金額」は、毎月36万円と言われています。

同じく定年後81歳まで生きるとすると、老後資金は合計で6,912万円が必要になります。

結構大きな金額ですね。

一方で、同省の家計調査では、高齢無職世帯の社会保障(主に公的年金)給付額は、月に約19万円。

つまり、平均的な生活を営むだけでも毎月8万円(16年で1,536万円)、豊かな生活をすると毎月17万円(同3,264万円)の赤字に陥るのです!

現実には、老後期間の中で自動車の購入や住宅のリフォーム、医療などを考慮すれば、赤字額はさらに大きくなると思っていいでしょう。

スポンサーリンク

資産運用で保険を使うのに向いている人・不向きな人

保険で老後資金を作るのに向いている人は、客観的な状況と内面的な性格とに分けて

  • 老後までのリードタイムが長く(特に20代)
  • リスク耐性のない人

ということになります。

ここに「主な金融商品のポジション」をご用意しました。

リードタイム

生命保険は、保険料の一部を10年から30年以上の長期にわたって運用してお金を殖やします。

つまり、生命保険は老後資金との相性がいいのです。

一方で、老後までのリードタイムが短い年配者が加入しても、老後資金はほとんど増えません。

だから、20代のうちに貯蓄系の生命保険に加入するというのは、老後資金の確保には意味のあることです。

・55歳加入の方が、運用期間が短いため解約返戻金の金額が小さくなり、返戻率(解約返戻金 / 保険料合計)も小さくなる
・同じ保険料でも、55歳加入の人が毎年84万円の保険料を支払う必要があるのに比べ、25歳加入の人は毎年21万円で済む

リスク耐性

いくら老後資金を殖やしたいからと、リスク耐性がない人が高リスク商品に手を出すと、不安で仕方ないということが多々あります。

特に老後資金は、老後が来てからのやり直しができないため、慎重を期したいものです。

先ほどの「主な金融商品のポジション」のように、リスク耐性のない人は円建て保険が有効でしょう。

逆に、リスクを恐れない性格の人は保険にこだわらず、投資信託などを使った方が、より効率よくお金を殖やせます。

スポンサーリンク

返戻率を引き上げる!

老後資金を確保するにあたり、重視すべきは「いくら投入して、いくら返ってくるか」つまり、返戻率でしょう。

ここでは、返戻率を引き上げる秘訣をご紹介します。

時間を味方につける

先述の通り、生命保険は長期間の運用で老後資金に的を絞った金融商品です。

20代のうちに加入して、運用期間を長く取ることで、リターンを大きくできます。

コツは「保険料の支払いを短く、寝かせる時間を長く」です。

保険料の運用は保険会社の責任で行いますが、保険料を短期で払い終えて(例えば10年など)、65歳まで解約せずに運用し続けてもらうのが理想です。

だから20代で加入して、30代で払い終えるくらいがいいのです。

金利を味方につける

円建ての生命保険は、保険料の一部を年利0.25%前後で運用してお金を殖やします(*1)。

最終的な返戻率は118~125%(*2)くらいです。

しかし、適切なリスクヘッジを施せば、外貨建て保険の方がお勧めです。

外貨建て保険は予定利率2~4%(*1)くらいなので、円建てよりも効率よくお金を殖やせます。外貨建ての返戻率は150~200%(*2)くらいが相場です。

*1、保険会社によって予定利率は異なります。
*2、返戻率は年齢・性別・プラン内容によって異なる場合があります。

「保険でいくら用意するか(=ゴール)?」を決めたら、返戻率で割ると、毎月いくら保険料を払うかが決まります。

例えば以下のような具合です。

☆外貨建てを使うと、同じゴールでも毎月の負担は、3割程度小さくすることができる!

ここでのコツは「為替変動をチャンスに」です。

解約時や満期時に受け取るお金は、外貨を円に変換するので、円安に傾くと有利になります。

円安時にお金を受け取るためにも、解約の時期を「65~70歳の間」とするなど、資金計画に余裕を持たせましょう。

裏返せば、この5年間だけは保険以外の資金源も用意することが重要です。

このように、20代の人は時間と金利(と為替)を味方につけられるので、老後資金をよりハイリターンで受け取ることができます。

スポンサーリンク

保険で老後資金を用意するまとめ

生命保険を使った老後資金の準備は、20代のうちに開始すると有利です。

そして、「老後が到来したときに、いくら使いたいか」を決めると、時間と金利を味方につけられ、商品選びもはっきりします。

逆に、老後資金を青天井に増やしたいなら、高リスク商品(株式投資など)に頼るのも手です。

自分にとって後悔のない選択をしてほしいですが、考えても分からない場合は、近所のFPさんや保険ショップなどで相談してみるのもいいかもしれませんね。

保険の事を無料で相談をするなら、こちらの3社がおすすめ!
たくさんある保険を一人で選ぶの?【保険見直しラボ】
保険相談navi
保険ゲート
あなたにおすすめ記事

40代のサラリーマン経営者です。現在は海外の子会社で勤務しております。自分の体験も含め国内、海外での資産運用の情報をこちらのブログからお伝えしたいと思います。

MYOをフォローする
生命保険で資産運用
スポンサーリンク
資産運用で家族を幸せにできるか